topimage

香港のIFA ソロモンに懲戒処分 - 2011.10.13 Thu

香港SFCは香港に籍を置くIFA機関の”Solomon Independent Advisory(ソロモン)”に対し
懲戒処分と150万香港ドルの罰金を命じる決定を下しました。

これは無免許の活動を行ったとして、その責任を問われたもので同じく香港の保険ブローカーである
”Black Swan Capital International(ブラックスワンキャピタル・インターナショナル)”
とソロモンの従業員による違反だったと報じられています。

SFCはソロモンの代表取締役兼オーナーであるコニー・リョン氏を7ヶ月の免許停止処分としており
ブラックスワンとの取引の責任はコニー氏が一任しているとのことです。

そもそもブラックスワンはSFCから正式な免許を取得しておらず、ブラックスワンの社員が免許を
必要とする金融活動を行うことは違法になるのですが、コニー氏がそのことに気づかなかったとは
到底考えられず厳しい処分になったと思われます。

今のところ過去に違反経歴もなく、顧客に損失が及んだという事実は判明しておりませんが
ルールを破ってしまうと全体の秩序が守れなくなってしまいますね。

年々厳しくなるSFCの規制。
私たちの業務はより一層増えるのですが、こういう違法業者を取り締まる分には良いと言えるでしょう。


日本の金融庁もホームページで警告していますので随時チェックしてみてください。

nishikawa.jpg 小さな事からコツコツと!



ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

肥満児 - 2011.09.21 Wed

中国の肥満児の数をご存知ですか?

およそ4200万人だそうです。

中国が豊かになり近代化され、その数はその発展とともに大きく数を伸ばしてきました。
ここ30年で3倍を超えるとも言われています。

確かに中国からの観光客の中に必ず数名は肥満児を見かけますね。
これは今社会問題となっているのです。

obesity child china


特に急激な発展により裕福になった郊外や田舎の地域では肥満児数の増加が顕著です。
食料が十分になく飢えるということを経験してきた世代やその子どもによって育てられる現代の
子どもたちは過剰な食事を与えられ、肥満は豊かさと幸せの象徴とされる家庭も少なくありません。

都心部の多くの子どもたちもPR戦略に長けた欧米ファーストフード店に立ち寄ることが多く、
中国の過酷な受験戦争に励み、健康的とはいえない生活を送っています。

子どもの頃から肥満になるとその70%は肥満の大人になります。
成人病まっしぐらなんですね。

肥満によって起こる病気
・高血圧
・高コレステロール
・糖尿病
・睡眠中の呼吸停止
・癌
・せんそく
・骨関節炎
・キレやすい、自尊心が強くなる、自殺願望を抱く
・喫煙、飲酒を習慣としやすくなる

などです。

日本では健康管理という概念が非常に発達しているので中国ほど問題にはならないでしょう。

中国でも健康管理に気づき始めた親たちは平均1566米ドル(日本円だと12万円くらい)の
ダイエットプログラムに子どもを参加させなんとか子どもの健康を取り戻そうとしているようです。

日本の健康ダイエット関連の業界はそれは凄い宣伝上手ですし、なんと言っても安全そうですから
今後この道で大成功する企業も出てくるかもしれませんね。
中国の方は子どもに最大限に投資しますから(教育も含め)、子どものためと思うなら大金だって
惜しくないかもしれません。

中国の方が好きそうな名前でどーんと宣伝すれば少なくとも欧米のカリキュラムには勝てるでしょう。

camp china

さて、私事で恐縮ですが、明日からしばらく外部研修に出ることになりました。
US CFA(Chartered Financial Analyst)の資格を取るための研修となりますが、
なかなか手ごわい試験のようで…。

しばらく本ブログの更新はお休みさせていただきますので、ご了承くださいませ。


ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

高年収の男性と結婚するには? - 2011.09.05 Mon

映画をきっかけとして日本でもフェイスブックが浸透してきたようです。

フェイスブックにもアップされ話題になった”つぶやき”があります。

高収入の男性と結婚するには?
という質問から始まったのですが、投稿者は25歳”ミス・プリティ”さん。

以下は和訳。

ここで正直に述べたいと思います。 私は今年で25歳です。
すごく可愛くてスタイルも良く洗練されたセンスの持ち主です。
私は高収入(年収500,000ドル以上)の男性と結婚したいと思っています。

欲深いと思われるかもしれませんが年収100万ドルはニューヨークでは中間層です。
私の要求は決して高くないと思います。
ここで誰か年収500,000ドル以上の方はいますか?
皆さん結婚されていますか?

そんな方に質問です。
-私はあなた方のような高収入の人と結婚するためには何をすればいいですか?
 
私がお付き合いした人の中で最高年収は250,000ドルでした。
ニューヨークの西側に住もうと思えば250,000ドルでは十分ではありません。

ここで改めて質問します。
①この辺りでお金持ちが行くスポットを教えてください。
 (バー、レストラン、ジムなど具体的にリストアップ)
②どの年齢層をターゲットにすればいいか?
③なぜ多くのお金持ちの奥さんは平均的な外見なのか?
 そういう方に何人か会ったが外見も普通で特に興味深い点もなかった。
④彼女から妻へ変わるポイントは何か?
 (私は彼女ではなく妻になりたい)

と、いうものです。
何が面白いかというとこのミス・プリティに回答した人がいるんですね。
その人物はなんとJPモルガンのCEO。

以下は和訳

ミス・プリティ
あなたの投稿を読みとても興味深いので返答します。
あなたと同じ考えをもった女性は世界中にいることでしょう。
この質問に勝手ながらプロの投資家の見解でお答えします。

私の年収は500,000ドルを超えますからあなたの要求を満たしており
答える権利があるかと思います。

ビジネスに携わるものとして、あなたと結婚することは良い判断とは思えません。
理由はとても簡単ですので説明いたします。

詳細は置いておいて、あなたがしようとしていることは”美しさ”と”お金”の
交換です。 Aという人物は”美しさ”を提供しBはそれにお金を払う。

ただしここには致命的な問題があります。
あなたの美しさは薄れていく。 私のお金は意味もなく減ってしまう。
私の収入は年々増えるかもしれない。だがあなたの美しさは年々衰えていく。

そう、経済システムの観点から言うと私は(価値が上がりうる)資産、あなたは価値が減っていく
資産なのです。ただ減っていくだけではなく、価値が激減する恐れもあります。
もしあなたの価値が”美しさ”さけならば、10年後は悲惨な結果となるでしょう。

ウォールストリートで行われるトレーディングポジションに置き換えてみましょう。
あなたとお付き合いすることも一種のトレーディングポジションです。
取引価値が落ちるのであれば私たちはそれを売却します。
なぜなら価値が下がる資産を長期保有するのは賢い選択ではないからです。
-そう、あなたが望む結婚は長期保有です。
こんなことを言うのは酷かもしれませんが、より賢明な決断をするために、
価値が減る資産は売却するか、貸し出すかしかありません。

年収500,000ドルを超えるような人物は馬鹿ではありません。
あなたとお付き合いはするかもしれないが結婚はしない。
ところで、あなた自身が年収500,000ドルを稼ぐことは夢ではありませんよ。
むしろその方がお金持ちのろくでなしを捕まえるよりチャンスがある。
もしその気があれば私に連絡をください。

JPモルガン CEO

というものです。
こう冷静に言われると納得せざるを得ませんね。
本当にJPモルガンのCEOが投稿したのかは分かっていませんが、なかなか
粋な人物だと思います。

これは男性から女性へ宛てた回答でしたが、女性が男性を選ぶ際にも
同じことが言えると思います。

一生を共にするパートナーですから慎重に選ぶのは当然ですね。

ちなみに私が7歳の時の作文には将来の夢を”玉の輿”と書きました。笑

この記事の原文はこちら


ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

インサイド・ジョブ - 2011.08.08 Mon

日本では今年の5月に公開されたようですがご覧になりましたか?

『インサイド・ジョブ』という映画。

この話は実際にリーマンショックに関わった人物に、その当時の話を
してもらうというインタビュー形式のドキュメンタリー映画です。
ドキュメンタリー部門ではアカデミー賞も受賞しているようですね。

現在のアメリカ国債が引き金となった金融市場の混乱状態はリーマンショックを
思い起こさせるものがあります。
歴史は繰り返す、と言いますが今回はもっと大きな打撃になる可能性も秘めていると
連日報道されています。
日本の複雑な、しかも正しい内容の記事を熟読して勉強するのは骨が折れるけど
映画だったら楽しみながら勉強できますよね。

日本語のバージョンは観ていませんが、原版ナレーションは私の大好きなマット・デイモン。
残念ながらナレーションのみの出演ですが終始セクシーボイスで映画を進行して行きます。

出演している人物も錚々たるメンバー。
インタビュアーの巧みな質問スキルにも注目してご覧ください。

オフィシャルサイトはこちら

Inside Job US



ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

アメリカ国債 債務の引き上げ可決 - 2011.08.03 Wed

先日も取り上げたアメリカ国債の行方ですが遂に決定が下されました。

1日に下院で可決されたこの法案、2日に上院でも可決されオバマ大統領の署名を
もって正式に成立されました。

この成立をもって一先ずは債務不履行というシナリオを回避することができたわけですが
”借金できる額を増やしましょう”という概念に対しての不安視が払拭できたわけではなく
根本的な解決策が求められます。

もちろんその額が増えるほど不履行になったときの衝撃は大きく広く波及することになりますので
これは是が非でも解決してほしいものです。

というのも今回引き上げた上限ですが来年の11月までの支払いに対して
その支払いを可能にするという一時的な妥協案にしか過ぎず、
今後の根本的な解決という部分に関しては後付けで話し合いという印象ですね。

obama_Debt bill sign

デフォルトは回避できたものの格付け機関による国債レートのダウングレードは未だに
進行中です。
大手格付け機関の一つであるFitchにおいては継続してAAAを維持する意向を示しています。

リーマンショックの際に大手格付け機関も各金融機関と同様信用をなくした背景が
ありますから今回の国債問題においては慎重に行動することでしょう・・・。

この問題に関しては来年の次期大統領選挙というビッグイベントもキーポイントと
なっていますから今後この問題を盛り込んだ各候補者の選挙運動にも注目していきたいと思います。



ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カテゴリー

お知らせ (75)
マーケット情報 (85)
香港事情 (15)
銀行関連情報 (2)
定期ご連絡 (2)
よくあるご質問 (14)
ホルボーンについて (5)
IFAとライセンスについて (3)
各種料金について (1)
銀行口座について (1)
提携会社・グループ会社について (2)
ニュースその他 (9)
政治・経済 (6)
不動産投資情報 (2)
不動産活用術 (3)
マネーハック (4)
退職金 (1)
人民元 (1)

カレンダー

<< 06
2017
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

中国関連ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

あわせて読みたい

QRコード

QR

RSSリンクの表示