topimage

香港に住んでみる④「年金制度」~海外投資でマネーハックを実現する4  - 2012.05.14 Mon

究極のマネーハックといえる「香港に住んでみる」という選択肢。前回は、社会保障関連の話のなかでも「健康保険・医療保険」について触れましたが、今回は香港の「年金制度」についてご紹介しましょう。

香港には、いわゆる公的年金制度は存在しません。したがって、老後の生活は自分自身で守る必要があり、その結果として民間の個人年金商品が非常に発達しています。

WS000068.jpg

現役時代に相当の収入がある人でも、引退後はバッタリ収入がなくなるわけで、香港の人々は相当の富裕層であっても、老後の生活資金を確保するために様々な努力をしています。

もちろん、民間の個人年金商品の活用もその一つですし、不動産資産などを計画的に手に入れて、家賃収入というインカムゲインの途を整える人も数多く存在します。

公的年金というものがない以上、まとまった資産を築いておくか、自助努力でインカムゲインの手段を用意しなければ、本当にどうしようもなくなるわけですから、この辺りのノウハウと人々の「真剣度」は、世界でも有数のレベルと言ってよいでしょう。

香港人たちの具体的な取り組み(他国の人々にとっても大いに参考にあると思います)については、今後詳しくご紹介しますが、今回は、2000年12月から導入されたMPF(Mandatory Provident Fund)という制度についても触れておきましょう。

MPFは、労働者を対象にした強制積立金制度です。退職後の生活資金を確保するためのものであり、労働者に限っていえば、香港にも実は公的年金制度のようなものが存在するわけです。

積立金(保険料)は、会社と従業員の折半となっており、積立金の運用は従業員が自分で判断することができます。いわゆる401k(確定拠出年金)と考えればよいでしょう。

外国人がこのMPFの対象になるにはいくつかの条件がありますが、基本的に長期に渡って香港に居住し、香港の企業に勤めている場合には、対象となると考えてよいでしょう。

すべてが自助努力というのがさすがに不安・・・という人にとっては、それなりに重宝する制度といえそうです。


ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

香港に住んでみる③「健康保険・医療保険」~海外投資でマネーハックを実現する3 - 2012.05.11 Fri

通常、税金と並んで可処分所得を減らす要因になるのが「健康保険料」「年金保険料」などの社会保障費です。今回は、このうち「健康保険」の分野について香港の事情をご紹介しましょう。

香港には、住んでいる人が一律で加入を義務付けられるような医療保険、いわゆる「健康保険」は存在しません。つまり「自分には病気なんて関係ない」という人なら、健康保険料などの支払いは一切発生しないわけです。

WS000067.jpg

このため、実際に香港に在住してみると、所得税の低さともあいまって「手取りの多さ」には驚くことになります。健康保険料の負担は想像以上に大きいものであり、それが全くなくなるということは、非常にインパクトがあるのです。

とはいえ、ほとんどの人にとって「健康保険がない」というのは、やはり相当不安です。そこで香港の場合、健康保険に代わるものとして、民間の医療保険制度が極めて充実しています。

大手の企業であれば、福利厚生の手段として、こうした医療保険制度に加入していることも多く、この場合は、その保障内容(個人負担割合など)をチェックしておけば事足りるでしょう。

提携先の病院に行けば、交付されるカードなどを提示することで、限度額内であればキャッシュレスで診療を受けることができます。基本的な使い勝手は健康保険と変わらないといえるでしょう。

もちろん、個人事業者であったり、勤め先が医療保険に加入していない場合でも、まったく心配はありません。気に入った医療保険に個人で加入すれば、ケガや病気の治療費、入院代などがしっかり保障されます。

保険料は保障の内容にもよりますが、基本的に年間で数千香港ドル(=数万円)程度。健康保険のように所得に応じて保険料が跳ね上がることもありません。

加入するもしないも、すべてが自己責任ですが、その分「圧倒的に分かりやすく、公平」な制度ということができるでしょう。


ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

香港に住んでみる①~海外投資でマネーハックを実現する1 - 2012.05.08 Tue

以前のエントリーで、マネーハックについてご紹介しましたが、本格的な海外投資の世界には、まさにマネーハックと呼べるような手法がたくさんあります。

今回は、究極のマネーハックといえる「香港に住んでみる」という方法を考えてみましょう。

お金を効率的に増やす方法はいろいろありますが、極論してしまえば、収入を増やす、支出を減らす、このどちらかしかありません。

支出の中でも(特に高所得者の場合)大きなウエイトを占めるのは、やはり税金の支払いでしょう。となれば、これを大きく減らすことができれば「マネーハック」となるはずです。

ご存知のとおり、香港は世界的にも稀に見る「税金の安い地域」です。所得税は最高でも17%。一律15%の標準税率を選ぶこともでき、この場合は、どんなに収入があっても15%の所得税だけで済みます。

WS000027.jpg

もちろん、住民税はゼロ。消費税もゼロ。また、株式や為替の売買益といったキャピタルゲインについても、一切税金がかかりませんので、例えば、10万ドルの株式が20万ドルになったから、売って10万ドル儲けた場合、この10万ドルがまるまる手取りになります。

このキャピタルゲインについても非課税になっている国・地域は、そうはありません。世界中の金融機関や機関投資家が香港に集まってくるのも頷けますが、個人がこの「恩恵」を受けるためには「香港に住む」必要があります。

他国に住みながら、こうした恩恵だけを享受しようとする場合、やはり無理が生じる可能性も少なくありません。堂々と、何との遠慮もなく、香港のメリットを利用しようとするのであれば、もう思い切って「住む」というのが、実は一番スマートで分かりやすい方法なのかもしれません。

もちろん、実際に「住む」にあたっては、仕事の問題、家族の問題、言葉の問題、そして根本的に合う・合わないの問題など、様々な「壁」があります。ただ「住む」という選択肢もありだな・・・と考えると、意外に「壁」が薄かったりするケースも少なくありません。

お金のために「移住」するというのは、それこそ本末転倒と考える方もいるかもしれませんが、効率的な方法があるなら、それを一度は検討してみるのも「マネーハック」を実現する基本です。

そこでしばらく本ブログでは、税金面以外にも「香港に居住するメリット」をご紹介したいと思います。もちろん、その内容は、現在香港に住んでいる方、そして、香港に住む気はないという方にも大いに参考になるはずです。











ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

本格的な海外投資は最高の「マネーハック」のひとつ!? - 2012.05.01 Tue

近年、流行している言葉に、LifeHack(ライフハック)というものがあります。

ウィキペディアによれば、ライフハックとは「情報処理業界を中心とした“仕事術”のことで、いかに作業を簡便かつ効率よく行うかを主眼としたテクニック群」のことです。

要するに、「ちょっとした知識やアイデアを駆使し、効率的な生き方をしよう」というものですが、これをお金に絞ると「マネーハック」という言葉になり、若いエグゼクティブの間では、この「マネーハック」の実践がちょっとしたブームになっています。

atm02.jpg

もちろん、お金の効率的な増やし方などについては、さんざん議論されてきている話ですので、ちょっとしたアイデアではなかなか「マネーハック」にはならないわけですが、海外銀行口座などを活用した「本格的な海外投資」については、まだまだ「マネーハック」のネタが大量に存在する領域と言えるでしょう。

例えば、海外旅行に行った際に空港や町の両替所で現地通貨を手に入れる――これはごく一般的な行動ですが、もっとも手数料の安いドル円の両替でも、4~5%程度の両替手数料が差し引かれてしまいます。

ところが、もしHSBC香港の口座を持っていて、ATMから現地通貨を引き出せば、手数料額は一気に1%以下となります。

これは本当に単純で簡単な例ではありますが、まさに「マネーハック」というべきことでしょう。ちょっとした知識と行動力があれば、誰でもちょっとお得になる(=効率的な生き方ができる)わけですから。

もちろん、実際の本格的な海外投資には、もっともっと価値のある「マネーハック」の手段がゴロゴロしています。ハックな生き方と、そうでない生き方の差は、「知っているか、知らないか」、そして「行動するか、しないか」だけなのです。


ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カテゴリー

お知らせ (75)
マーケット情報 (85)
香港事情 (15)
銀行関連情報 (2)
定期ご連絡 (2)
よくあるご質問 (14)
ホルボーンについて (5)
IFAとライセンスについて (3)
各種料金について (1)
銀行口座について (1)
提携会社・グループ会社について (2)
ニュースその他 (9)
政治・経済 (6)
不動産投資情報 (2)
不動産活用術 (3)
マネーハック (4)
退職金 (1)
人民元 (1)

カレンダー

<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

中国関連ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

あわせて読みたい

QRコード

QR

RSSリンクの表示