topimage

2012年も早くも終わりに近づきました - 2012.12.28 Fri

20121224A.png

話題になっていた2012年末日論は実現せず、人はまた現実の世界へ戻らなくてはなりません。この大インフレ時代、通貨戦争(通貨デフレ)を乗り越える方法はスマートインベストメントしかないのではないでしょうか。

さて、2013年の投資市場はどうなるでしょう。ここに少し述べたいと思います。
市場はマイナス要因とプラス要因で成り立っています。そして、その相殺効果が市場トレンドに反映されると言えます。

来年は二つの大きな不安要素があります。一つはここ数年、市場を右往左往させている欧州の債務危機。システム的な問題が根強く残るため、1~2年は解決せず、時に市場を脅かすと考えられます。

二つ目は米国の「財政の崖」。米議会予算局(CBO)の試算では、もし「財政の崖」が実現すれば、最大で6,060億ドル規模の財政緊縮という、米国のGDP比で4%に相当する莫大な財政引き締めが実行されることになります。これだけ大規模な財政緊縮が実現すれば、米国経済に一気に下押し圧力がかかることは避けられません。しかし、米議会は「財政の崖」回避に向けて最大限の努力をするでしょうし、例え実現したとしても、短期に止まると考えられます。

以上が大きな不安要素ですが、プラス要素も多くあります。一つには中国経済の成長減速に底入れの兆しが見え始めていること。新しい習・李新政権は急激に経済政策を変えることなく、低迷し続けている株式市場のてこ入れを図るだろうと、市場は積極的なシグナルを発信し続けています。他方、日本でも安倍首相が再就任して新政権が発足し、金融緩和で通貨供給量を増やすと同時に円安をめざす意向を示しています。2007年に世界同時不況が発生するまで活発だった円キャリートレードにまた火が点くのではないでしょうか。

といった次第で、来年もジェットコースターに乗るように上がり下がりの激しい市況となりそうですが、チャンスも多いと思われます。投資家の皆さんはどうぞしっかりとシートベルトを占めてください。

また、お取引中のお客様と2012年の投資実績レビューを行いたいと思います。
ご興味がおありでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。




ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カテゴリー

お知らせ (75)
マーケット情報 (85)
香港事情 (15)
銀行関連情報 (2)
定期ご連絡 (2)
よくあるご質問 (14)
ホルボーンについて (5)
IFAとライセンスについて (3)
各種料金について (1)
銀行口座について (1)
提携会社・グループ会社について (2)
ニュースその他 (9)
政治・経済 (6)
不動産投資情報 (2)
不動産活用術 (3)
マネーハック (4)
退職金 (1)
人民元 (1)

カレンダー

<< 12
2012
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

中国関連ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

あわせて読みたい

QRコード

QR

RSSリンクの表示