topimage

ムーディーズが日本国債をダウングレード - 2011.08.25 Thu

金融市場の大混乱を引き起こしたアメリカ国債の格下げ。
遂にS&Pに続いてムーディーズも日本国債の格下げに踏み切りました。

Aa2より一つ下のAa3へとダウングレードされた日本国債は中国、そして台湾などと
同じレベルに属することとなります。

まだ回復段階にある大震災の打撃、信用不安高まる政府の不安定さなどから
経済的発展が見込めないことが理由として挙げられ今回の格下げが決定しました。

この格下げは起こるべくして起こったと言えます。
震災当初は日本経済が一丸となって回復する望みを託すようにその格下げに
猶予期間が与えられたのですが、現状どれを見ても世界にアピールできるほどの
パフォーマンスは見られません。

moodys_convert_20110826134746.jpg

では、格下げは何が問題なのでしょうか?

今回の格下げにより日本は国債金利を上げなければ今後更に増大するであろう借金を
十分に確保できなくなります。

借金をするには国債の買い手が必要なわけで格が低いということは金利%でもって
お客さんを惹きつけないといけないのです。
”格付けが下がる”ことの問題点はここにあります。
格付け機関がどう評価するかではなく、この国債金利の上昇により更に支出が増えることとなる
日本のお金はどう補うのか、という大きな課題が待ち構えているのです。

来週遂に次期首相が決定します。
首相は国民の代表、国民を映す鏡だと思います。

あまり聡明とは思えない現首相の言動を見ると、このような国家崩壊の危機にも
関わらず、島田伸介の引退報道を各誌一面で報じている日本国内の滑稽な現状が
恐ろしくも重なって見えます。

ぬるま湯に浸かっているとこっちもぬるくなってしまいますね。

Foolish  zzz



ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

今週の香港株式市場 «  | BLOG TOP |  » 遂にGAP、アバクロが香港進出

カテゴリー

お知らせ (75)
マーケット情報 (85)
香港事情 (15)
銀行関連情報 (2)
定期ご連絡 (2)
よくあるご質問 (14)
ホルボーンについて (5)
IFAとライセンスについて (3)
各種料金について (1)
銀行口座について (1)
提携会社・グループ会社について (2)
ニュースその他 (9)
政治・経済 (6)
不動産投資情報 (2)
不動産活用術 (3)
マネーハック (4)
退職金 (1)
人民元 (1)

カレンダー

<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

中国関連ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

あわせて読みたい

QRコード

QR

RSSリンクの表示