topimage

行政長官ドナルド・ツァンがグローバルリセッションを予測 - 2011.10.20 Thu

現行政長官であるドナルド・ツァンが先日、ウォールストリート・ジャーナルとのインタビューで
グローバルリセッションを想定していると自身の見解を発表しました。

グローバルリセッションとは世界的な景気後退を意味するのですが、少し回復傾向にあった投資家の
投資意欲を逆なでするような発言ですね。

ツァン氏は”世界経済においてまた別の景気後退となる要因が襲ってくるだろう。投資家の
投資意欲が低下し欧州、アメリカの両地域で消費が後退するのは決して良い兆候とは言えない。”
とインタビューで述べています。

ツァン氏は”今まで中国元の値上がりを許してきた中国政府が今後は景気後退によって高じるであろう
市場の衰弱の影響を受け、軌道修正をすることになるだろう”と予測しています。

中国元はもう既に最高値まで来ている、と。

ツァン氏は香港を中国元のトレードのキテンとするように呼びかけており、中国元は中国国民、そして
香港人により(香港在住者も含む)自由に取引、保有されているもので、現在までその通貨価値が
上昇すると信じられ、香港内の銀行預金総額の10%にまで膨れ上がってきました。

しかしこの流れをツァン氏は”景気後退により中国元もまた公平に価値が評価されるだろう、
現在の中国元は最高値を上回っているのではないか”と警戒姿勢を見せています。

今年に入り中国元は米ドルに対し3.2%上昇しており、1年前に政府がその上昇を認めてからは
7%上昇しています。

CNY USD chart for a year

この景気後退によって通貨価値の大きな上昇は期待できずとも、米ドルとユーロの不安定さと
経済不安を考慮すると中国元の市場占有率は拡大し続けるでしょう。
北京へ頻繁に出向いているツァン氏ですが、今後は中国政府が国内の経済に打撃を与えることなく
ポートフォリオとの兼ね合いの中で巧妙に通貨に対して取り組んでいくだろうと期待しています。

中国の金融ハブの中心地である香港は7月からの市場の混乱を直に受け、ハンセン指数ベンチマークも
20%の下落を記録しました。

香港を率いる立場にあるツァン氏はこの市場混乱に対して悲観的ではなく、1997-98年に経験した
アジア通貨危機の頃より強靭になった香港金融システム化では政府の介入は特別必要ないものと見ています。

昨年は7%の黒字景気となった香港ですが今年は少し低下の5-6%になる予測です。

ツァン氏の任期は来年2012年の6月30日に終了するため、次期選挙に向けて有力候補が動きを
見せているところです。

ツァン氏は任期終了後の引退生活を楽しみにしている、と述べています。

DonaldTsang -------
蝶ネクタイがトレードマーク


ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

今週の香港株式市場 «  | BLOG TOP |  » 今週の香港株式市場

カテゴリー

お知らせ (75)
マーケット情報 (85)
香港事情 (15)
銀行関連情報 (2)
定期ご連絡 (2)
よくあるご質問 (14)
ホルボーンについて (5)
IFAとライセンスについて (3)
各種料金について (1)
銀行口座について (1)
提携会社・グループ会社について (2)
ニュースその他 (9)
政治・経済 (6)
不動産投資情報 (2)
不動産活用術 (3)
マネーハック (4)
退職金 (1)
人民元 (1)

カレンダー

<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

中国関連ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

あわせて読みたい

QRコード

QR

RSSリンクの表示