topimage

金相場は絶好の「買い場」を迎えている!? - 2011.12.16 Fri

本当に様々な出来事があった2011年も、あと2週間を残すばかりとなりました。

正直いって、今年の投資市場は決して「良い年ではなかった」と思われます。アメリカ国債の債務不履行にまつわる「大騒ぎ」やヨーロッパ諸国の債務危機、日本を襲った大震災、そして中国経済の減速など、経済的・社会的に暗い話題が大勢を占めました。

各種マーケットは大きく変動したものの、総体的に上昇はなかったという1年でしょう。

ただ、ひとつだけ例外があります。金の市場です。

金は2001年の1オンス当たり300ドルという水準から、今年のピーク時には1900ドルに到達しました。これは6倍の水準です。しかも、その3分の1にあたる上昇分は今年に入ってのものです。

50.jpg

円やドルなどの各国の通貨は「政府の信用度」によって流通されていますが、金はそれ自体が価値を持っています。いわば、その「本物の価値」が、ここ1年は評価され、価格に反映されたといえるでしょう。

金は保有しているだけでは金利が付きません。このため、国際金融の世界では長らく無視され続けてきたという事情もあるのですが、それが大きくパラダイムシフトした1年ではないでしょうか。

世界的な経済危機は継続している中で、金はこの12月に入ってから一旦暴落傾向にありますが、これが上昇トレンド中の調整なのか、トレンドそのものの逆転になるのかは、今の時点では判断できません。

ただ、新興市場の中国やインドによる金の実需はいまだ旺盛です。今度の暴落は、もしかしたら大きな「買い場」になるのかもしれません。



ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

「年末ムード」が高まる香港金融市場 «  | BLOG TOP |  » 香港に進出する企業は今後も増える一方!?

カテゴリー

お知らせ (75)
マーケット情報 (85)
香港事情 (15)
銀行関連情報 (2)
定期ご連絡 (2)
よくあるご質問 (14)
ホルボーンについて (5)
IFAとライセンスについて (3)
各種料金について (1)
銀行口座について (1)
提携会社・グループ会社について (2)
ニュースその他 (9)
政治・経済 (6)
不動産投資情報 (2)
不動産活用術 (3)
マネーハック (4)
退職金 (1)
人民元 (1)

カレンダー

<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

中国関連ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

あわせて読みたい

QRコード

QR

RSSリンクの表示