topimage

今こそ求められるファイナンシャル・プランニング - 2012.04.10 Tue

世界経済は今、さまざまな問題をはらんでいます。それら一つ一つは密接に関係し、影響し合っていますので、現在のようにグローバル化された社会では、自国一国だけで景気などを維持することは難しい状況です。

ここ数年で発生したユーロ債務危機やリーマン・ショックなどの影響は、世界中で今後まだまだ様々な現象を引き起こすことでしょう。

その顕著な例として、物価の高騰が挙げられます。これは、欧米がマネーサプライ(通貨の供給)を大幅に緩和した結果によるところが大きいといえますが、ここ香港で一番目立つのは、不動産の価格です。

香港不動産価格の代表的なインデックスである「中原地産领先指数」は、2009年には60程度でしたが、2011年中旬には100近くまで上がりました。つまり、6割も値上がりしたのです。

ただ、これは1997年のバブルとは違い、他の価格インフレと適合している側面も強く、やはり物価そのものが上がっていることを印象付ける現象となりました。

香港では交通費も上がりそうです。この6月から地下鉄は、平均5.4%の値上げを発表しました。もちろん、市民からは反対の声が絶えません。地下鉄の2012-2013年の収益見通しは10%以上プラスであり、この状況で値上げの姿勢を見せるのは、公営企業の責任を果たしていないというわけです。

photo300.jpg

では、こうした物価の高騰に対してサラリーマンの給料はどうなっているかというと、2011年の平均企業昇給は4.2%、2012年の見通しは平均5%となっており、インフレに追いつくのが精一杯という状況です。

このような状況の中で、香港でも年金の受け皿としては、投資ファンドラップの利用が進んでいます。普通に働いて、普通に生活し、普通に引退できるような社会は、すでに終わっていると見られており、それなりの老後生活を送るためにはやはり自助努力が必要という認識が一般化しているわけです。

ここでポイントとなるのは、当然ながらファイナンシャル・プランニングです。実は、効率的なファイナンシャルプランニングは世界のどこでも通用するものです。本ブログでは、しばらくその内容についてご紹介していきたいと思います。


ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

人生のゴールを達成するために・・・ «  | BLOG TOP |  » 世代交代が実現した香港政府の「宿題」とは?

カテゴリー

お知らせ (75)
マーケット情報 (85)
香港事情 (15)
銀行関連情報 (2)
定期ご連絡 (2)
よくあるご質問 (14)
ホルボーンについて (5)
IFAとライセンスについて (3)
各種料金について (1)
銀行口座について (1)
提携会社・グループ会社について (2)
ニュースその他 (9)
政治・経済 (6)
不動産投資情報 (2)
不動産活用術 (3)
マネーハック (4)
退職金 (1)
人民元 (1)

カレンダー

<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

中国関連ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

あわせて読みたい

QRコード

QR

RSSリンクの表示