topimage

不動産投資+積立投資の活用事例 - 2012.04.26 Thu

昨日のエントリーでは、香港で高いニーズを持つ「不動産投資+積立投資」の基本的な考え方をご紹介しました。

その内容を簡単に整理すると、次のような考え方となります。

================================
STEP1 不動産物件の購入(自己資金50%、銀行ローン50%)
STEP2 家賃収入-毎月のローン返済=毎月の収益額
STEP3 毎月の収益額で積立投資(長期的に大きな資産形成が可能)

================================

今回は、実際の活用事例をご紹介しましょう。自己資金は50万香港ドル(約500万円)のケースです。

1)家賃収入
 物件タイプ:ビレッジハウス
 面積:約35平方メートル
 築年数:25年
 購入価格:100万香港ドル(2011年4月購入)
 現在価格:約130万香港ドル
 自己資金:50万香港ドル
 銀行ローン:50万香港ドル
  金利:2.5% 
  ローン期間:20年
  毎月支払い:2,650ドル
 家賃:5,100香港ドル
 家賃利回り:5%
 家賃収入-毎月のローン返済額(月収入):2,450香港ドル

2)月収入の積立
 家賃の収入(2,450香港ドル)を毎月積立:20年
 仮の利回り:5%/年
 20年満期後の時価総額:77万7,106香港ドル

3)20年後の不動産と積立による資産合計
 不動産:現在130万香港ドルの価値が20年で1.5倍となったケース:約195万香港ドル
 積立による形成資産:約78万香港ドル
 トータル:195万香港ドル+78万香港ドル=273万香港ドル

つまり、この活用事例では、50万香港ドルの自己資金活用で、20年後に273万香港ドルの資産を形成することができるというわけです。


ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

不動産投資+積立投資で人気のビレッジハウスとは? «  | BLOG TOP |  » 香港で不動産投資+積立投資が流行っている理由

カテゴリー

お知らせ (75)
マーケット情報 (85)
香港事情 (15)
銀行関連情報 (2)
定期ご連絡 (2)
よくあるご質問 (14)
ホルボーンについて (5)
IFAとライセンスについて (3)
各種料金について (1)
銀行口座について (1)
提携会社・グループ会社について (2)
ニュースその他 (9)
政治・経済 (6)
不動産投資情報 (2)
不動産活用術 (3)
マネーハック (4)
退職金 (1)
人民元 (1)

カレンダー

<< 06
2017
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

中国関連ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

あわせて読みたい

QRコード

QR

RSSリンクの表示