topimage

香港に住んでみる⑥「株式市場」~海外投資でマネーハックを実現する6 - 2012.05.16 Wed

昨日は香港の現地通貨である「香港ドル」について説明しましたが、今回は株式市場についてご紹介しましょう。

株式市場の動向は、その地域の景気動向を端的にあらわす要素の一つでもあります。世界の主要な株式市場が密接にリンクする中で、市場ごとの特徴は少しずつ希薄になっていますが、それでも重要な指標であることには変わりありません。

さて、香港の証券取引所は、ずばり香港証券取引所(Hong Kong Exchanges and Clearing)という名称です。中国語では香港交易所と呼ばれ、こちらの名前を目にする機会も少なくありません。

立会時間は9:00~16:10(昼間1時間は休み)となっており、ごくごく標準的な証券取引所といってよいでしょう。香港企業だけでなく、中国企業も多数上場しており、また、ケイマン諸島などに籍を置く企業の上場も目立ちます。

香港証券取引所の株価指数として世界的に知られるのは「香港ハンセン株価指数」。HSBC傘下のハンセン銀行が発表する資料であり、この数値は日経平均と並んで、アジアの株式動向を占う最重要指標として知られています。

00055.jpg

上記は、過去5年間のチャートですが、やはりサブプライム・ローン問題、リーマン・ショックが続いた時期は大きく値を下げており、その後は、20000ポイントを超える水準で一進一退という状況が続いています。

過去には30000ポイントを超えていた時期もありますが、この数字まで回復するためには、まだ少し時間がかかりそうです。ただ、前回30000ポイントを超えたときも、20000ポイントから一気に駆け上がっており、何かしらのきっかけがあれば、跳ね上がる可能性は常に秘めているといえます。

中国経済の成長という裏づけがある限り、やはりファンダメンタル的には強い要素が多い株式市場であり、株式投資のなかでは(あくまでも長期的な視点ですが)比較的「かたい」マーケットといえるでしょう。


ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

調整が進む世界の株式市場。実は投資を始めるチャンス!? «  | BLOG TOP |  » 香港に住んでみる⑤「現地通貨」~海外投資でマネーハックを実現する5

カテゴリー

お知らせ (75)
マーケット情報 (85)
香港事情 (15)
銀行関連情報 (2)
定期ご連絡 (2)
よくあるご質問 (14)
ホルボーンについて (5)
IFAとライセンスについて (3)
各種料金について (1)
銀行口座について (1)
提携会社・グループ会社について (2)
ニュースその他 (9)
政治・経済 (6)
不動産投資情報 (2)
不動産活用術 (3)
マネーハック (4)
退職金 (1)
人民元 (1)

カレンダー

<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

中国関連ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

あわせて読みたい

QRコード

QR

RSSリンクの表示