topimage

市場レポート2013年2月4日 - 2013.02.08 Fri

• 米連邦公開市場委員会(FOMC)では今年の成長率見通しを2.3 - 3%と予測、ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想中央値は2%となっている。

• 米10年国債の利回りが昨年4月以来で初めて2%を上回り、市場は米経済の回復を示す強いシグナルだと見ている。

2013020401.png


• 世界経済回復への期待感が高まったことからエネルギー需要が増加。国際原油相場は4ヶ月ぶりの高値に上昇した。

• 石油輸出国機構(OPEC)定例総会で原油相場の見通しに楽観的な態度が示され、今年、北海ブレント原油の平均価格は110ドル前後を維持する見通し。

2013020402.png

• しかし、2010年以来、国際原油価格は様々な開発コストの上に成り立っており、それぞれに収益性も高まってきている。例えば、シェールガスのコストは50-75ドル/バレル、オイルサンドのコストは55-85ドル/バレル、天然ガスのコストは70ドル/バレルとなっている。世界各国で自己開発が進むにつれ、OPEC加盟国は相場を維持するために、大幅な減産を強いられる可能性が高い。

2013020403.png


• 南米地域で第二の経済規模を持つメキシコでは、昨年11月のGDP成長率が前年同期比で4.14%に加速、アナリスト予想の3.1%を大きく上回った。

結論:

• エコノミスト76名を対象に実施された調査の予想中央値によると、米10年国債利回りは年末までに2.25%を上回る見通し。

• 米国のシェールガス生産量は2030年に一日当たり500万バレルに達する見通し。OPEC加盟国は供給量の増加に応じて生産量を削減すると思われる。

• 英銀大手バークレイズは海外資金が南米地域へ流れ込む兆候が明らかになり、メキシコペソが1ドル=12.5ペソと、ここ2年で最低の水準になると見ている。一方、貿易収支の拡大がペソレートを下支えるとして、メキシコでは2013年上半期も楽観的な投資環境が続くと予測している。隣国のブラジルでも、通貨レアルが昨年7月以降初めて1ドル=2レアルを突破、ブラジル中央銀行は先週、通貨スワップ(実質的なレアル買い、ドル売りの為替介入)を行っており、市場は金融政策がレアル高容認、インフレ抑制に切り替わると予測している。

2013020404.png


Market update on 4 Feb 2013

• The Federal Open Market Committee (FOMC) participants forecast growth this year ranging from 2.3 percent to 3 percent, while economists in a separate Bloomberg survey have a median estimate of 2 percent. It is not easy to achieve the goal set by Fed.

• The yield on the 10-year Treasury note rose 2 percent, matching the highest level since April, which is another signal the U.S. economic recovery may be strengthening.

• Oil price reached the highest level in four months after reports from the U.S. to South Korea signaled increased confidence in the global economic recovery, potentially spurring oil demand.

• Organization of the Petroleum Exporting Countries (OPEC) have struck an upbeat tone about the oil market for this year, anticipating prices of around $110 a barrel on average for 2013.

• Since 2010, prices have remained far above the cost of competing supplies, such as producing oil from shale ($50-75), tar sands ($55-85), natural gas ($70), or coal ($90) let alone deepwater fields. The financial incentive to develop new supplies outside OPEC is overwhelming.

• The government said on Jan 24 that Mexico’s economy grew 4.14 percent in November from a year earlier, compared with a 3.1 percent median forecast in a survey of analysts, signs of improving growth in Latin America’s second-biggest economy.

Conclusion

• The yield will rise to 2.25 percent at year-end, according to the weighted average forecast of 76 economists.

• In the U.S. alone, shale oil production is expected to grow around 5 million barrels a day by 2030. This is likely to be offset by reductions in supply from the OPEC.

• The peso will appreciate to 12.5 per dollar by March, a level last seen in September 2011, fueled by stronger-than-expected trade data, Barclays projects. And Brazil’s real rallied too, after the central bank auctioned foreign-exchange swap contracts to shore up the currency and contain inflation.



ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

● COMMENT ●


Only the blog author may view the comment.

市場レポート2013年2月18日 «  | BLOG TOP |  » 癸巳年、蛇年は僅か355日!?

カテゴリー

お知らせ (75)
マーケット情報 (85)
香港事情 (15)
銀行関連情報 (2)
定期ご連絡 (2)
よくあるご質問 (14)
ホルボーンについて (5)
IFAとライセンスについて (3)
各種料金について (1)
銀行口座について (1)
提携会社・グループ会社について (2)
ニュースその他 (9)
政治・経済 (6)
不動産投資情報 (2)
不動産活用術 (3)
マネーハック (4)
退職金 (1)
人民元 (1)

カレンダー

<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

中国関連ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

あわせて読みたい

QRコード

QR

RSSリンクの表示