topimage

市場レポート 2013年8月19日 - 2013.08.23 Fri

市場レポート 2013年8月19日

• 好調となった7月の米株式市場だが、住宅建設株価指数やリートETFなど、不動産関連銘柄は下げている。
2013081901.png

• 米国の経済指標では、7月の小売売上高が0.2%増(エコノミスト予想の中央値は前月比0.3%増)、前月は0.6%増に上方修正された。国内総生産(GDP)の算出に使用される自動車、ガソリン、建築資材を除くコア売上高は0.5%増(エコノミスト予想の中央値は0.4%増)と、予想を上回った。新規失業保険申請件数は4週間平均値が2007年11月以来の水準に下げた。
2013081902.png


• 日本の第2四半期(4-6月)国内総生産(GDP)速報値は、前期比年率2.6%増と、エコノミスト予想の3.6%増を下回った。第1四半期(1-3月)のGDP伸び率は年率換算3.8%増で、これに比べるとやや減速したが、日本はこれで3四半期連続のプラス成長を記録している。
2013081903.png

結論:

• 米10年国債の利回りは2.5~3%のレンジで推移すると予想する。今後数ヶ月で雇用情勢に一段の改善が見られれば、金利上昇リスクが高まるだろう。

• 米国では引き続き雇用統計の改善が期待される。米連邦準備制度理事会(FRB)の経済予測では、米国のGDP成長率は年末までに2.3~2.6%に加速すると見込んでいる。従って、債券購入の縮小開始に向けた市場のバイアスは強まり、FRBは9月に緩和縮小に着手すると予想する。

• 日本の生鮮食品を除く消費者物価(コアCPI)は6月に0.4%上昇し、前年比で横ばいとなった5月から拡大した。円安に伴うエネルギー価格などの上昇を背景に、コアCPIはここ5年で最も速い上昇ペースに拡大している。デフレ脱却と呼ぶには時期尚早だが、日本銀行による量的・質的金融緩和の効果が表れている。


Market update on 19 Aug 2013

• At the beginning of July, equity markets have performed well with the exception of U.S. real estate, which suffered from a drop in the U.S. homebuilding index and the REITs markets.

• Headline retail sales rose 0.2% MoM in July (vs. 0.3% MoM expected), following a gain of 0.6% MoM in June. Importantly, core retail sales (excluding volatile components such as autos, building materials and gas) rose more than expected (0.5% MoM versus 0.4% MoM expected). Initial jobless claims overall trend is still declining, with the 4-week-average reaching a new post-crisis low, the least since November 2007.

• Japan’s second quarter GDP growth turned out to be weaker than expected at just +2.6% YoY, compared with market expectations of 3.6%, against first quarter’s +3.8% YoY rate. Despite the moderation in second quarter, this marks the third consecutive quarter of economic expansion in Japan.

Conclusion

• We expect 10 Years U.S. Treasuries to trade between 2.5% and 3% over the coming quarters. Persistent strength in U.S. employment growth over the coming months would leave some upside risks for interest rate expectations and yields.

• On the back of an improvement in business indicators we expect a continued improvement of employment data. Based on the current data, the U.S. Fed’s GDP forecast of 2.3-2.6% YoY in fourth quarter requires a substantial growth pickup in the second half. This strengthens the market bias that the Fed will soon begin to scale back asset purchases. Our expectation for this remains September.

• Japan’s core CPI which excludes volatile food prices rose 0.4% YoY in June, up from a flat reading in May. This marks the fastest pace of increase in nearly five years, as yen depreciation and higher energy costs pushes up goods prices. This is a positive sign suggesting that monetary easing by the BoJ may be working, although it remains too early to call an end to deflation.




ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

● COMMENT ●


Only the blog author may view the comment.

市場レポート 2013年9月2日 «  | BLOG TOP |  » 市場レポート 2013年8月7日

カテゴリー

お知らせ (75)
マーケット情報 (85)
香港事情 (15)
銀行関連情報 (2)
定期ご連絡 (2)
よくあるご質問 (14)
ホルボーンについて (5)
IFAとライセンスについて (3)
各種料金について (1)
銀行口座について (1)
提携会社・グループ会社について (2)
ニュースその他 (9)
政治・経済 (6)
不動産投資情報 (2)
不動産活用術 (3)
マネーハック (4)
退職金 (1)
人民元 (1)

カレンダー

<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

中国関連ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

あわせて読みたい

QRコード

QR

RSSリンクの表示