topimage

市場レポート 2013年10月21日 - 2013.10.28 Mon

市場レポート 2013年10月21日

• 米議会上院と下院は、財政協議を先送りするとともに、来年1月15日までの予算を確保し、2月7日まで国債発行を認める内容の暫定予算案を可決した。

• 米企業の第3四半期決算発表シーズンでは、10月18日時点で決算発表を終えたS&P500種構成87企業のうち、50企業の売上高がポジティブ・サプライズ(売上実績が予想売上高を上回った)を示し、63企業の平均増益率は4.55%と、エコノミストの予想を上回っている。
2013102101.png

• S&P指数のバリュエーション分析では現在、2014年の予想株価収益率(PER)は14.11倍、予想1株当たり利益(EPS)成長率は4.51%、予想株式配当利益率は2.22%となっている。分析では、米株のバリュエーションが欧州株よりも割高であることが示されている。
2013102102.png

• 中国経済の先行指標の一つとされる工業用電力消費量は9月に前年同月比で8.01%増となり、前月の12%増から減速した。しかし、過去数年のデータを見ても、毎年9月は工業用電力消費量が減少することが示されている。従って、同指数に関しては、過剰に心配する必要はないと思われる。
2013102103.png

結論:

• 米雇用市場に明らかな改善は見られず、米連邦準備制度理事会(FRB)が直ちに資産購入ペースを縮小する可能性は低いと思われる。

• 米企業の第3四半期決算は、平均増益率が第2四半期の2.74%を大きく上回っており、米経済の回復に伴い、主要企業の収益性が全体的に改善している兆候が示されている。

• 現在、ダウユーロ50種株価指数の2014年予想株価収益率(PER)は12.04倍、予想1株当たり利益(EPS)成長率は8.76%、予想株式配当利益率3.99%となっている。現時点で、欧州株は米国株よりも割安であり、利益成長率や配当利益率も高い。

• 中国経済は今後数ヶ月にわたり、緩やかな成長速度を維持する見通し。



Market update on 21 Oct 2013


• Senate and House of Representatives finally reached a deal and passed a last-minute agreement to finance the government until January 15th and raise the debt ceiling until February 7th, pushing the bipartisan negotiation on government budget to later date.

• Recently it comes the 13Q3 earnings reporting season for S&P constituent companies, with 87 companies already reported results as of 18 Oct. Out of the 87, 50 posted positive sales surprise (meaning actual sales higher than expected sales) and 63 posted positive earnings surprise with an average 4.55% earnings surprise.

• Looking at the valuation of the S&P Index, it’s currently trading at a 1-year forward FY14E P/E ratio of 14.11x, a level last seen in 2009, against FY14E growth rate in its EPS at 4.51%, and its FY14E dividend yield is at 2.22%. (GF) This is not very cheap if you compare with Europe.

• One of the economic leading—industrial electricity consumption in September also slowed down to 8.1%YoY from 12%YoY in August. However September has always been weak month for industrial electricity consumption during previous years, so this decline should not cause too much worries.

Conclusion

• With no obvious improvement in the job market, the Fed is not likely to taper its asset purchase program any time soon.

• Q3 earnings substantially higher than the Q2 with average 2.74% earnings surprise, indicating that companies’ profitability has generally been improving as the economy gradually recovers.

• The Euro Stoxx 50 Index is trading at FY14E P/E ratio of 12.04 x, against FY14E growth rate in EPS of 8.76% and FY14E dividend yield at 3.99%. This represents cheaper valuation, higher earnings growth and dividends return than the US.

• The economic growth of China in coming months is expected to continue the mild and modest slow down.





ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

● COMMENT ●


Only the blog author may view the comment.

市場レポート 2013年11月4日 «  | BLOG TOP |  » 市場レポート 2013年10月7日

カテゴリー

お知らせ (75)
マーケット情報 (85)
香港事情 (15)
銀行関連情報 (2)
定期ご連絡 (2)
よくあるご質問 (14)
ホルボーンについて (5)
IFAとライセンスについて (3)
各種料金について (1)
銀行口座について (1)
提携会社・グループ会社について (2)
ニュースその他 (9)
政治・経済 (6)
不動産投資情報 (2)
不動産活用術 (3)
マネーハック (4)
退職金 (1)
人民元 (1)

カレンダー

<< 06
2017
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

中国関連ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

あわせて読みたい

QRコード

QR

RSSリンクの表示