topimage

2014年の投資テーマ - 2014.01.17 Fri

2014年の投資テーマ

新年明けましておめでとうございます。

昨年の投資市場は米国を始め、好調な一年でした。年末のビッグニュースと言えば、やはり米金融当局が量的緩和の縮小を決定したことでしょう。米国の緩和縮小で、2014年は世界へ溢れ出たドルが自国や先進国へ回帰すると考えられ、グローバル投資家は世界市場の選別へ動き出すと思われます。米国の出口戦略を背景に投資マネーはどう動くのか、2014年第1四半期のポートフォリオ選びでは、以下のポイントに注目しなくてはなりません。

まずは、グローバル投資家が再び注目し始めている日本市場です。日経平均の2013年10-12月期(第4四半期)は、大変良いパフォーマンスとなりました。この株式市場の強い動きは、11月の輸出が前年比18.4%増(予想17.9%増)と予想以上に上昇したことが寄与しています。欧米諸国の景気回復と円安によって輸出は継続して拡大し、9ヶ月連続の増加となっています。加えて景気の回復により将来的な投資機運が盛り上がってくることが予想され、今月に入り、安倍首相が経済成長を促すための更なる矢を放つとの期待感も高まっています。他の統計データも日本経済に対して楽観的な見方を反映しており、日銀による2013年12月の短観で、大企業製造業の業況判断指数(DI)は+16と、同年9月の短観から4ポイント改善しました。予想は+15でした。非製造業DIは前回より6ポイント上昇して+20となり、企業の景気回復に対する信頼感が一段と強くなってきていることが暗示されています。

次は中国市場。2013年の中国株式市場は、2007年以来で最も悪いパフォーマンスとなり、世界主要株式市場の騰落率ランキングでもワースト10入りする結果となってしまいました。しかし、私たちは中国の株式市場は今年前半に底値圏を抜け出すと見ています。ブルームバーグのデータによると、H株の予想PER(株価収益率)は昨年9月末に7倍台にまで下がり、ここ5年間で最も低い水準に近づきつつあります。中国の構造改革による経済成長の鈍化を予想したネガティブな影響を株式市場が大きく織り込みすぎたために、このようなバリュエーション評価になっていると考えられます。ハードランディングや金融システムが危機に陥らない限り、現状の経済成長軌道や政策方針から見て、中国株は上昇する準備が整っていると言えるでしょう。

今年のポートフォリオは、この2市場に関連するファンドを組み込みたいと思います。

2014011301.jpg



ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

● COMMENT ●

Comment is pending approval.

Comment is pending administrator's approval.

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.


Only the blog author may view the comment.

 | BLOG TOP |  » 年末の雑談

カテゴリー

お知らせ (75)
マーケット情報 (85)
香港事情 (15)
銀行関連情報 (2)
定期ご連絡 (2)
よくあるご質問 (14)
ホルボーンについて (5)
IFAとライセンスについて (3)
各種料金について (1)
銀行口座について (1)
提携会社・グループ会社について (2)
ニュースその他 (9)
政治・経済 (6)
不動産投資情報 (2)
不動産活用術 (3)
マネーハック (4)
退職金 (1)
人民元 (1)

カレンダー

<< 06
2017
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

中国関連ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

あわせて読みたい

QRコード

QR

RSSリンクの表示