topimage

メイド・イン・チャイナ - 2011.06.07 Tue

トップブランドが”メイド・イン・チャイナ”を堂々と販売するようになって10年ほどでしょうか。

今や一般的となった中国産ですが中国産によるコスト削減も今や昔の話。
今では中国産(特に南部)は世界最大の繊維工業地区となりその販売価格も決して安価ではなくなりました。

それもそのはず。

景気のいい中国は繊維産業だけでなく様々な業種において数年前から既に
人件費の上昇により生産コスト上昇は不可避となっていました。
日系企業の工場でも中国から撤退し東南アジアへと生産拠点を移す会社が多くありました。

世界中から注文が殺到する中、多くの企業は不安定な仕入れ状況の原材料確保を不安視し、
その価格高騰を見越した在庫確保に熱を入れました。
そして今、まさかの綿価格の下落に多くの企業が苦しむこととなりました。

2010年の末には17,000元/トンだった綿価格は今年2月には最高値の35,000元/トンまで高騰したところ
今月に入り、先月の30,000元/トンより30%も下落の22,000元/トンを停滞しております。

このような短期間に30%の下落というのは稀でだからこそ大きな損失を生むこととなったのです。

今年4月にホワイトゴールドの価格が暴落し大きな損失を被った繊維業界にとっては二重の打撃となり
中間規模を中心に経営が危うくなる企業も出ています。

加えて人件費は下げられないといった悪循環に陥り、まさに火の車という状態です。

cotton price futures
綿価格の過去1年の動き

white gold futures
ホワイトゴールドに関連するプラチナの過去1年の動き

投資先として先物を考えるのは慎重かつ入念に下調べすることが最重要なのは一目瞭然ですね。
昔から言われるように先物は高いリサーチ力がないと大きな損失を被りかねません。



ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

教育資金セミナーについて «  | BLOG TOP |  » 教育資金関連のセミナーを開催します。

カテゴリー

お知らせ (75)
マーケット情報 (85)
香港事情 (15)
銀行関連情報 (2)
定期ご連絡 (2)
よくあるご質問 (14)
ホルボーンについて (5)
IFAとライセンスについて (3)
各種料金について (1)
銀行口座について (1)
提携会社・グループ会社について (2)
ニュースその他 (9)
政治・経済 (6)
不動産投資情報 (2)
不動産活用術 (3)
マネーハック (4)
退職金 (1)
人民元 (1)

カレンダー

<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

中国関連ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

あわせて読みたい

QRコード

QR

RSSリンクの表示