topimage

米蘭站 IPOのその後を追跡する2 - 2011.06.22 Wed

昨日の続き。

米蘭站は"ハンドバッグの中古販売”をその業務としており、
型落ちのものを買い取りしてまた販売するといったスタイルでビジネス展開をしてきました。

日本でいうと「ブランド・オフ」や「大黒」ですね。

米蘭站は”損傷の激しくないもの”そして本物(コピー商品ではない)ものだけを買い取って
きたのですが特に注目なのが《エルメスのバーキン》です。

ご存知のように、バーキンというバッグは大変高価で希少価値の高いハンドバッグです。
職人さんが熟練の技で一つ一つ仕上げていくため、大量生産できず限定数のみ生産される
女性の憧れのバッグなのです。

バーキン バーキン黒

そのバーキンはその限定数から中古品としての価値も高く値段が下がらないのが特徴です。
そのバーキンを安定して仕入れるようになった米蘭站はその売り上げも順調に伸ばしているとのことです。


本来は流行の先端を行く一流ブランドを追いかける女性の要らなくなった型落ちのバッグの行き先として
その地位を確立したこの会社ですが近年は新品の販売数が伸びています。
2008年には新品の販売は全体のわずか22%だったのが昨年2010年では47%とほぼ半数へと増大。

消費者はやはり中国本土の中国人が中心でしょう。
同じ形態のお店の方に一度話しを伺ったことがございまして、中国人のお客さんは
予算も十分にあるので新品を買い求める傾向にあるとのことでした。
中古販売店でも新品を求めるのは正規店にはないものも取り扱っているからだとおっしゃっていました。

中国本土からのお客さんがこれほど熱狂的に香港へ足を運ぶのは
価格の安さも魅力ですが品質に信頼がおけることが魅力です。
(本土の物は信用していないのだとか)

香港発信の会社として北京で営業を開始し順調にその営業成績を伸ばしてきた米蘭站ですが
今回のIPOの成功も追い風となり中国本土での事業展開は盛り上がりそうな予感がします。



ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

今週の香港株式市場 «  | BLOG TOP |  » 米蘭站 IPOのその後を追跡する1

カテゴリー

お知らせ (75)
マーケット情報 (85)
香港事情 (15)
銀行関連情報 (2)
定期ご連絡 (2)
よくあるご質問 (14)
ホルボーンについて (5)
IFAとライセンスについて (3)
各種料金について (1)
銀行口座について (1)
提携会社・グループ会社について (2)
ニュースその他 (9)
政治・経済 (6)
不動産投資情報 (2)
不動産活用術 (3)
マネーハック (4)
退職金 (1)
人民元 (1)

カレンダー

<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

中国関連ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

あわせて読みたい

QRコード

QR

RSSリンクの表示