topimage

中国の資産はまだ金へ向かうのか - 2011.07.12 Tue

先日取り上げたインフレリスクですが、インフレによる資産価値の低減を阻止するべく
注目されてきた金取引に関する話題です。

中国人は昔から資産を金に交換するということを身近に行ってきました。
香港でも街を歩けば宝石屋さんに出くわしますよね?

あんなにたくさんお店があるのはこの金が関係しているんですね。

その価値が物価とともに変動するので資産価値の保存をしやすいのが金です。

インフレの動きと連動して今年の5月金の値段は最高値を記録することとなりました。

ETF(Exchange Traded Funds)のDB GOLD FUNDをサンプルとして取り上げてみました。

Untitled.png


中国のファンドマネージャーは未だに抑えの効かないインフレに対応するため今後、貴金属部門に
積極的に追加投資する意向を表明しています。

これを受けて、もう天井かと思われた金にもまだその天井を突き破る可能性が出てきたようにも見えます。

特に中国内からの投資金の出所として注目されているのが”QDII"です。

”QDII”というのは日本語に訳すと”指定国内機関投資家”らしく(他にも和名称があるようですが)
要は中国国内の政府が認定する投資家にのみ海外に自由に投資する権利を与える制度です。
昨年末までにその額は680億米ドルを越え、本年は700億米ドルにもなると報じられています。

その中国国内の投資家たちは中国国内に金取引のETFがなく、通常は実際の金取引や先物などを
利用するので、海外のETFファンドにその注目が集まっているのですね。

投資額が巨額なだけに、その行方にとても注目されるのですが、最近あまり面白い動きを見せていない
株式市場、そして幸先不安なプロパティと比較してもその安定した成長を考慮すると
やはり金を筆頭とする貴金属に軍配が上がりそうな予感がします。

結婚式に金の贈り物をするのがこちらの慣習なのですが、金が高いからまとめて売ったわー
なんて話も耳にしますね。

Precious Metal





ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

コーヒーの染みを自宅で取ってみました «  | BLOG TOP |  » NEWS OF THE WORLD スクープの背景には

カテゴリー

お知らせ (75)
マーケット情報 (85)
香港事情 (15)
銀行関連情報 (2)
定期ご連絡 (2)
よくあるご質問 (14)
ホルボーンについて (5)
IFAとライセンスについて (3)
各種料金について (1)
銀行口座について (1)
提携会社・グループ会社について (2)
ニュースその他 (9)
政治・経済 (6)
不動産投資情報 (2)
不動産活用術 (3)
マネーハック (4)
退職金 (1)
人民元 (1)

カレンダー

<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

中国関連ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

あわせて読みたい

QRコード

QR

RSSリンクの表示