topimage

ユニオンペイ(銀聯)を使ってみました・日本 - 2011.07.25 Mon

香港の銀行キャッシュカードの裏についている『Union Pay 銀聯』という表示。
このユニオンペイでお買い物ができるんです。

香港内はEPSという銀行口座から直接引き落とされる便利な機能がありますが
香港外でも利用できるのがユニオンペイなんですね。

このマークです↓
ユニオンペイ

先週友人の結婚式で大阪に帰省した際に、市場調査のため空港の為替相場を調べてみると
その日は香港ドル1ドルに対し10円近いレートのはずが空港ではなんと7.5円!!
窓口のおじさんの話によると街中で換えるよりはいいと思う、とのこと。
では街中では一体どんなレートなんだ!?と憤慨しながら、「でも今日って9.7とかですよね?」と
尋ねてみると「まーほとんどが手数料なんだよね。」ですって。

高い!!
高すぎます。

もちろん換金することなく早速ユニオンペイでATMから現金をキャッシュアウトすることに。
私が少し調べた結果、日本国内ではセブン銀行が24時間使えて台数も多く、手数料も割安のようです。

seven bank ATM

そのままカードを入れると「取り扱いできないカードです。」と言われてしまいますので
まず「使えるサービス」という趣旨の画面に進みます。

日本語を選択(結局後に英語になりますが)

カードを入れる

自分の取り扱い口座を選択・暗証番号入力

金額を日本円で指定

お金を受け取る

という簡単な流れです。
あっさりできてレートは香港の銀行のレートで換算されますし(その日は1HKD=¥10.0)
手数料も一回当たり15香港ドル(150円程度)で圧倒的に安いです。

その後、大阪市内の百貨店で買い物をしましたが百貨店では大抵ユニオンペイを取り扱っています。
中国からのお客様が増えているので取り扱い店舗も拡大中です。
売り場のお姉さんによると日本ではユニオンペイを(ギンレン)と呼ぶのだそうです。
実際に利用してみるとその売り場で支払いが完結できないなどの手間はあります(2,3分の手間です)
が、現金の心配をしなくていいのでとても便利です。

クレジットカードと比べても手数料が安いしインターネットで使った分を確認できるので
請求書が来るまでハラハラするという必要もありませんね。

香港・中国に在住の方にとってはなくてはならない相棒ですが、
日本在住者の方でも香港の銀行に貯蓄がある方にとっては
いざという時に頼れる存在かと思います。

次回は中国本土でユニオンペイを使ってみたいと思っています。



ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

日本のサービスについて考えると «  | BLOG TOP |  » なでしこパワー炸裂!優勝おめでとう!!

カテゴリー

お知らせ (75)
マーケット情報 (85)
香港事情 (15)
銀行関連情報 (2)
定期ご連絡 (2)
よくあるご質問 (14)
ホルボーンについて (5)
IFAとライセンスについて (3)
各種料金について (1)
銀行口座について (1)
提携会社・グループ会社について (2)
ニュースその他 (9)
政治・経済 (6)
不動産投資情報 (2)
不動産活用術 (3)
マネーハック (4)
退職金 (1)
人民元 (1)

カレンダー

<< 06
2017
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

中国関連ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

あわせて読みたい

QRコード

QR

RSSリンクの表示