topimage

市場レポート 2013年3月4日 - 2013.03.08 Fri

市場レポート 2013年3月4日

• 米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は、議会証言で当局による債券購入プログラムが成長促進に有効であるとし、緩和策を継続する姿勢を示した。

• FRBは少なくとも失業率が6.5%を下回るまでは、当局による事実上のゼロ金利環境を維持すると示した。

• 全米20都市を対象とした昨年12月の米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)/ケース・シラー住宅価格指数は前年同月比で6.8%の上昇と、2006年7月以来の大幅な伸びとなった。住宅価格の上昇は家計の下支えとなり、消費を促進すると期待される。

2013030401.png

• ユーロ圏ではイタリア政府の債務残高がギリシャに次いで大きく、その債務残高は2兆ユーロを超え、国内総生産(GDP)比で127%に拡大している。成長率はここ数年の努力でようやくプラスに転じつつあるが、失業率は12%近くに達している。

2013030402.png


2013030403.png

• 中国の2月の製造業購買担当者指数(PMI)は市場予想を下回り、中国の景気回復が勢いを失いつつある状況が示唆された。

2013030404.png

結論:

• 欧州債務危機悪化への懸念が回避先としての金需要を高めるとともに、経済成長率が予想を下回ることへの警戒感は原油先物相場の下げ要因になるだろう。

• イタリア国債の利回りは5%を突破する可能性があるが、ユーロ圏の債務危機が深刻化していた昨年の最高6.6%よりはかなり低い水準にとどまる見通し。

• 中国人民銀行(中央銀行)は春節(旧正月)休暇が明けた週に金融市場から9,100億人民元を吸収し、市場では人民銀行の金融政策が引き締めに転じるとの憶測が浮上している。投資家は目下、新政権発足によって不動産規制など新たな金融政策が講じられるかどうか議会情報を待つ様子見ムードの最中にある。


Market update on 04 Mar 2013

• Bernanke played down concerns about the Fed’s economic stimulus campaign, describing it as necessary and effective and making clear it was likely to continue for some time.

• Fed plans to hold short-term interest rates near zero even longer, at least until the unemployment rate falls below 6.5 percent.

• The S&P/Case-Shiller index of property values increased 6.8 percent from December 2011, the biggest year-to-year gain since July 2006. The improvement is shoring up household net worth and confidence, which may underpin consumer spending.

• Italy's government borrowing totals over two trillion euros, equivalent to around 127% of gross domestic product, a ratio surpassed in the eurozone only by Greece. Its economy has barely grown for years, unemployment is near 12% and rising.

• A Chinese manufacturing index fell for a second month as a gauge of new orders declined, a signal the nation’s economic recovery may be losing steam.

Conclusion:

• Investors drove up the price of safe-haven gold and pushed down oil prices on fears of lower economic growth.

• Italian Government bond yields could rise still further, or it may test the 5% level, but that would still be well below last year's peak of 6.6% when the euro zone debt crisis was raging.

• The central bank withdrew a net 915 billion yuan from the financial system after New Year holiday, adding to speculation the central bank has started to tighten monetary policy. Right now, investors are still waiting for the news around the Congress, major concern is whether there will be more controls coming out.




ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

市場レポート 2013年2月25日 - 2013.03.01 Fri

• 米企業の合弁・買収(M&A)に対する明るい見通しなどが買い材料となり、米株式相場は上昇した。今月発表された米企業のM&Aは既に1,400億ドルを超え、2012年1-2月の総額である996億ドルを上回っている。

• 2013年に入り、シカゴ・オプション取引所のボラティリティ指数(VIX恐怖指数)も低下し、2007年の最低値9.89に近づいている。S&P500種のオプション取引での値幅を示すボラティリティ指数は、2009年にS&P500種が上昇局面に入る前にも低下している。強気派にとって、ボラティリティの低下は株式購入の理由となる。

2013022501.png

• 中国株式相場は一時10ヶ月ぶりの高値をつけたが、中国政府が3月の人民代表大会で追加の不動産抑制策を導入するとの観測が広がると、下落した。

• ブラジルレアルの対ドルレートは今年に入り既に4%上昇、新興国通貨25種の中では最も強い通貨である。

2013022502.png

• 米証券取引委員会(SEC)の資料によると、世界最大級のヘッジファンド、米ブリッジウォーター・アソシエーツは昨年第4四半期にMSCIブラジル・インデックスファンドへの投資額を倍増している。

• 金先物は月間ベースでは数ヶ月の下落が続き、昨年7月以来の安値をつけている。テクニカル分析では、50日、200日平均移動線がデッドクロスを形成し、弱気相場入りのシグナルが示されている。

2013022503.png

結論:

• ボラティリティの低下により、債券市場から株式市場への資金シフトが続くと予測される。

• 上海総合指数は経済成長の回復を背景に3年ぶりの上昇に転じ、昨年12月3日につけた安値から既に25%上昇している。従って、株式相場が調整局面入りしても不思議ではない。

• テクニカル分析による予測では、金相場は第2四半期も下降トレンドの継続が見込まれる。


Market update on 25 Feb 2013

• More deals out there do create a good sentiment. Almost $140 billion in deals were announced in the U.S. the total this month, already surpassed the total of $99.6 billion during the first two months of 2012.

• The Chicago Board Options Exchange Volatility Index also has declined in 2013, dropping to a 2007 low of 9.89. Declines in the VIX, which measures options contracts on the S&P 500, came before gains in the index in 2009. Bulls cite smaller fluctuations as another reason to buy.

• China’s stocks fell after the benchmark index climbed to the highest level in 10 months and on concern the government may introduce measures to curb property prices in March before or after the National People’s Congress annual session.

• The real has strengthened 4 percent this year, the most among 25 emerging-market currencies.

• The world's largest hedge fund, Bridgewater Associates LP, got more than doubled its interest in the MSCI Brazil Index ETF in the fourth quarter, according to filing with the Securities and Exchange Commission.

• Gold dropped for several months, slumping to the lowest level since July. It is on the verge of hitting a technical level, closing to form a so-called death cross, the term for when the 50-day moving average breaks below the 200-day moving average, that could signal more bearishness ahead.


Conclusion:

• As the declined in VIX, we would expect to see the market keep pulling money out of bond funds and into equity funds.

• The Shanghai index has risen 25 percent from a three-year low on Dec 3 on signs economic growth is accelerating, so it is not surprising even if the stock market goes to consolidation.

• In technical view, gold may keep on dropping for the coming quarter.




ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

市場レポート2013年2月18日 - 2013.02.22 Fri

市場レポート2013年2月18日

• 過去3ヵ月の統計データでは、米国の雇用統計(2012年11月-2013年1月の就業者数が20万人を超える)や中国の製造業購買担当者指数(PMI指数、1月は50.4)および非製造業購買担当者指数(1月は56.2)が明るい数字となり、両国のビジネスサイクルが改善していると確認された。

2013021801.png

• 今後12ヶ月の展望では、MSCIアジア太平洋(日本除く)指数は12.2%の上昇、MSCIアジア太平洋指数の上昇率は19.6%に達すると予測される。

2013021802.png

• アジア地域では中国、香港、韓国市場の株価バリュエーションが魅力的な水準にあり、フィリピン、台湾、インド市場の相場は割高感が増している。

2013021803.png

• 1月の中国HSBC製造業購買担当者指数(PMI)速報値は51.9と、2年ぶりの最高水準に達し、成長率の回復に寄与する数値となった。明るい統計データや新政権によるインフラ投資への期待感は中国のGDP成長率の回復スピードに寄与すると見込まれる。

2013021804.png

結論:

• 豚肉や穀物価格など、食品価格はまだ低いホッグサイクルの中にあるため、今後数ヶ月は食品価格の上昇が続くと見込まれる。

• 中国当局は経済成長とインフレ率の安定を図る金融政策を実施すると見込まれ、2013年中に人民銀行が一段の金利引き下げに踏み切る可能性は低い。

• 中国では3月に新体制による国務院指導部が本格稼動し、新政権は安定した成長を下支える経済政策を推し進めると見込まれる。昨年9月から回復し始めた中国の製造業関連データが新政権への期待感と連結して押し上げ要因となり、香港ハンセン株価指数およびハンセン中国企業指数は底入れから上昇に向かうと期待される。

2013021805.png


Market update on 18 Feb 2013

• Over the past three months, the positive jobs data in the U.S. (average monthly payroll growth of 200000 per month between November and January) and the improving official manufacturing Chinese purchasing mangers’ index (PMI; January 50.4) and non-manufacturing PMI (January 56.2) confirm that both the U.S. and the Chinese business cycle is improving.

• Overall, the MSCI Asia Pacific ex-Japan is expected to see earnings growth of 12.2%, and the MSCI Asia Pacific is projected to post earnings growth of 19.6% in the next 12 months.

• Asian markets with attractive valuations that include China, HK and South Korea, whereas overvalued markets are the Philippines, Taiwan and India.

• HSBC Flash China Manufacturing Purchasing Managers’ Index climbed to its highest level in two years, reaching 51.9 in January and pointing to a pick-up in growth momentum at the turn of the year. Improving data and expectations of further government-led infrastructure investment in the second year of the leadership transition prompted to raise China GDP growth forecast.


Conclusion:

• Food inflation is likely to continue to rise in coming months, as inflation is still at the low point of the hog cycle, as indicated by a low pork/grain price ratio.

• The combination of stabilizing growth and rising inflation suggests neutral monetary policy, and therefore do not expect any more interest rate cuts by the People's Bank of China in 2013.

• State Council is reshuffled and the new government assumes office in March, provided the new leadership continues growth-supportive economic policies. In line with the stabilization trend in Chinese industrial profits growth since last September, the EPS momentum of the Hang Seng Index and the Hang Seng China Enterprises Index has shown positive signs of bottoming out.





ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

市場レポート2013年2月4日 - 2013.02.08 Fri

• 米連邦公開市場委員会(FOMC)では今年の成長率見通しを2.3 - 3%と予測、ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想中央値は2%となっている。

• 米10年国債の利回りが昨年4月以来で初めて2%を上回り、市場は米経済の回復を示す強いシグナルだと見ている。

2013020401.png


• 世界経済回復への期待感が高まったことからエネルギー需要が増加。国際原油相場は4ヶ月ぶりの高値に上昇した。

• 石油輸出国機構(OPEC)定例総会で原油相場の見通しに楽観的な態度が示され、今年、北海ブレント原油の平均価格は110ドル前後を維持する見通し。

2013020402.png

• しかし、2010年以来、国際原油価格は様々な開発コストの上に成り立っており、それぞれに収益性も高まってきている。例えば、シェールガスのコストは50-75ドル/バレル、オイルサンドのコストは55-85ドル/バレル、天然ガスのコストは70ドル/バレルとなっている。世界各国で自己開発が進むにつれ、OPEC加盟国は相場を維持するために、大幅な減産を強いられる可能性が高い。

2013020403.png


• 南米地域で第二の経済規模を持つメキシコでは、昨年11月のGDP成長率が前年同期比で4.14%に加速、アナリスト予想の3.1%を大きく上回った。

結論:

• エコノミスト76名を対象に実施された調査の予想中央値によると、米10年国債利回りは年末までに2.25%を上回る見通し。

• 米国のシェールガス生産量は2030年に一日当たり500万バレルに達する見通し。OPEC加盟国は供給量の増加に応じて生産量を削減すると思われる。

• 英銀大手バークレイズは海外資金が南米地域へ流れ込む兆候が明らかになり、メキシコペソが1ドル=12.5ペソと、ここ2年で最低の水準になると見ている。一方、貿易収支の拡大がペソレートを下支えるとして、メキシコでは2013年上半期も楽観的な投資環境が続くと予測している。隣国のブラジルでも、通貨レアルが昨年7月以降初めて1ドル=2レアルを突破、ブラジル中央銀行は先週、通貨スワップ(実質的なレアル買い、ドル売りの為替介入)を行っており、市場は金融政策がレアル高容認、インフレ抑制に切り替わると予測している。

2013020404.png


Market update on 4 Feb 2013

• The Federal Open Market Committee (FOMC) participants forecast growth this year ranging from 2.3 percent to 3 percent, while economists in a separate Bloomberg survey have a median estimate of 2 percent. It is not easy to achieve the goal set by Fed.

• The yield on the 10-year Treasury note rose 2 percent, matching the highest level since April, which is another signal the U.S. economic recovery may be strengthening.

• Oil price reached the highest level in four months after reports from the U.S. to South Korea signaled increased confidence in the global economic recovery, potentially spurring oil demand.

• Organization of the Petroleum Exporting Countries (OPEC) have struck an upbeat tone about the oil market for this year, anticipating prices of around $110 a barrel on average for 2013.

• Since 2010, prices have remained far above the cost of competing supplies, such as producing oil from shale ($50-75), tar sands ($55-85), natural gas ($70), or coal ($90) let alone deepwater fields. The financial incentive to develop new supplies outside OPEC is overwhelming.

• The government said on Jan 24 that Mexico’s economy grew 4.14 percent in November from a year earlier, compared with a 3.1 percent median forecast in a survey of analysts, signs of improving growth in Latin America’s second-biggest economy.

Conclusion

• The yield will rise to 2.25 percent at year-end, according to the weighted average forecast of 76 economists.

• In the U.S. alone, shale oil production is expected to grow around 5 million barrels a day by 2030. This is likely to be offset by reductions in supply from the OPEC.

• The peso will appreciate to 12.5 per dollar by March, a level last seen in September 2011, fueled by stronger-than-expected trade data, Barclays projects. And Brazil’s real rallied too, after the central bank auctioned foreign-exchange swap contracts to shore up the currency and contain inflation.



ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

癸巳年、蛇年は僅か355日!? - 2013.02.01 Fri

日本や欧米では西暦の1月1日に新年を迎えますが、香港では旧暦で新年を迎える習慣があって、今年は西暦2013年2月10日が大年初一(旧暦の1月1日)にあたります。

去年の干支は龍、今年の干支は蛇ですね。
通常、一年は365日ありますが、旧暦に従って計算すると、2013年の蛇年(癸巳年)は僅か355日しかなく、西暦のドラゴン・イヤー(辰年)より29日も少ないそうです。

20130128A.jpg

2012年の暦には「閏四月」というのがありました。(旧暦では、月の満ち欠けを基準に1ヵ月としますが、旧暦の1年は西暦よりも約11日ほど短いため、暦と実際の季節にずれが生じます。このずれを調整するために約3年に1度、閏月をを加えて13ヶ月とします。「四月」の次に閏月が挿入される場合は、「閏四月」と呼ばれます。)

20130128B.jpg

また、癸巳年の蛇年には立春がありません。旧暦では「年内立春」と言って、閏月が加わることで、年末に立春を迎えることがあります。2013年の立春は2月4日、つまり、旧暦ではまだお正月前なので、この日はまだ龍年なのです。

蛇年も皆様にとりまして良い年でありますよう、心からお祈り申し上げます。
恭喜発財!(お金がたくさん儲かりますように!)
萬事如意!(何事も円滑に運びますように!)

市場レポート‐2013年1月28日

• 世界の投資家は米国の財政状況が世界経済の最大のリスクだと判断している。

• 米連邦債務が数ヵ月以内に法定上限に達するとみられる中、ブルームバーグの世論調査では、回答者の36%が世界経済への最大のリスクとして米財政問題を挙げ、29%が欧州債務危機、15%が中国の景気減速だとしている。

2013012801.png

• 一部の投資家は米連邦準備制度理事会(FRB)が債券買取プログラムを予定より早く終わらせる可能性を懸念している。米政府が財政問題について何らかの合意に達しない状況で、FRBが市場介入行動を打ち切った場合、米国債のリターン率は予測が非常に困難となる。

2013012802.png

• 米S&P500種株価指数構成企業の10-12月期決算では、現時点で約75%が市場予想を上回る増益を示し、同指数が年内に過去最高値を更新する可能性が高くなった。現在は過去最高値1561を4%下回る水準にある。

2013012803.png

• 米S&P500種構成企業の株価収益率(PER)は現時点で60年間の平均を10%近く下回っているが、増益の勢いから判断して、たとえPERが上昇しなくても、指数は約6年前に始まった金融危機から完全に回復すると見込まれる。

2013012804.png

• 米12月の中古住宅販売戸数は、前月比で1.0%減の494万戸となったが、前年比では引き続き13%の増加となった。

• 米住宅ローンの30年固定型金利は、4%を下回る低水準が既に14ヵ月続いており、住宅購入者にとって有利な環境となっている。12月は中古住宅販売に対する在庫比率が4.4ヵ月分と、2005年5月以来の低水準となり、住宅市場は供給不足の状況が生じる可能性がある。

• 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は、昨年講じた政策が奏功し、ユーロ圏を覆っていた「暗雲の雲」は後退したと述べ、域内のソブリン債危機が最悪の時期を脱したと示している。

• 昨年9月以降、スペインおよびギリシャの国債利回りも低下してきている。

2013012805.png

結論:

• 米経済は回復基調を維持しており、米連邦準備制度理事会(FRB)が債券買取プログラムを終了すれば、米10年国債の利回りは下がる可能性がある。株式市場でリスク選好の地合が継続し、投資家のリスクテイク意欲が強まるとともに、金相場はやや調整に向かう見通し。

• 米国では住宅ローン金利が4%を下回る低水準にあり、昨年12月の中古住宅販売に対する在庫比率は4.4ヵ月と、2005年5月以来の低水準に減少しているため、住宅価格は上昇する見通し。

• 主要国が自国通貨の切り下げに動くとともに、ユーロ相場は上昇する見込み。

Market update on 28 Jan 2013

• Global investors say the state of the U.S. government’s finances is the greatest risk to the world economy.

• With the US government within months reaching of its borrowing limit, 36% of respondent investors the nation’s fiscal woes as the biggest thread compared with 29% who choose Europe’s sovereign debt crisis and 15% who name a slowing Chinese economy.

• Some investors say they’re worried about an eventual end to the Federal Reserve’s purchases of Treasury securities. Once the central bank halts its market interventions, yields could climb if deficits remain large. If the Fed turns off the vacuum, the fixed-income market could get messy.

• Over 75% of corporate earnings exceeding analysts’ estimate in Q4 until now, so it is not difficult to topped the S&P record high of 1561. The different is around 4% only.

• The price-earnings ratio, now 10 percent below the six-decade mean, doesn’t expand, the S&P 500 is poised to recover fully from the financial crisis that began almost six years ago.

• Although, December's existing home sales, down 1% from November to a seasonally adjusted annual rate of 4.94 million, were almost 13% higher than a year earlier.

• Average interest rates for 30-year-fixed loans have been below 4% for the past 14 months, have vastly improved housing affordability. The supply of homes for sale in December fell to 4.4 months, based on December's sales pace, the lowest level since May 2005.

• European Central Bank President Mario Draghi suggested the worst of the sovereign debt crisis may be over, saying the darkest clouds over the euro area have receded due to decisive policy steps last year.

• Yields on sovereign debt of countries from Spain to Greece have fallen since September last year.


Conclusion

• As US economy is recovering and some of the investors worried the Fed may stop the purchases of Treasury securities. The price of 10 year yield is dropping and Gold also down slightly since the investors is starting to risk on their portfolio.

• Since the interest rate in US is lower then 4% and the supply of homes for sale in December fell to 4.4 months, based on December's sales pace, the lowest level since May 2005, the housing price will keep uptrend in the coming period of time.

• Euro is here to stay and will gain as the other nations seek to devalue their currencies.




ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カテゴリー

お知らせ (75)
マーケット情報 (85)
香港事情 (15)
銀行関連情報 (2)
定期ご連絡 (2)
よくあるご質問 (14)
ホルボーンについて (5)
IFAとライセンスについて (3)
各種料金について (1)
銀行口座について (1)
提携会社・グループ会社について (2)
ニュースその他 (9)
政治・経済 (6)
不動産投資情報 (2)
不動産活用術 (3)
マネーハック (4)
退職金 (1)
人民元 (1)

カレンダー

<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

中国関連ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

あわせて読みたい

QRコード

QR

RSSリンクの表示