topimage

市場レポート 2013年9月23日 - 2013.09.27 Fri

市場レポート 2013年9月23日

• 米連邦準備制度理事会(FRB)は、米国の経済について「緩やかなペースでの回復が続いている」としながらも、緩和縮小には不十分であると示し、労働参加率の循環的低下を踏まえた労働市場の回復状況は、「満足できる状況からは程遠い」と懸念を示している。
2013092301.png

2013092302.png

• 7月のユーロ圏鉱工業生産指数は前月比で1.5%低下し、エコノミスト予想中央値の0.3%低下を下回った。欧州中央銀行(ECB)のマリオ・ドラギ総裁は、ユーロ圏の「景気回復はまだ始まったばかり」との認識を示し、「経済は依然として脆弱で、失業率はあまりにも高い」と再度指摘している。
2013092303.png

結論:

• ローレンス・サマーズ氏が予想外に次期FRB議長候補を辞退したことから、市場ではリスク選好の動きが強まり、主要株式指数や新興市場の高リスク通貨が急上昇した一方、米ドル及び米国債には売り圧力がかかった。

• 最近発表された経済指標の悪化を嫌気し、改善していたユーロ圏の市場マインドはややネガティブに変化している。

• ドラギECB総裁は「ECB政策金利は長期にわたり現行またはそれ以下の水準にとどまる」と繰り返し述べている。



Market update on 23 Sep 2013

• The Fed said that it was still unsatisfied with the pace of economic growth while the market is growing, showing their concern about labor market, especially the labor force participation rate that shows no sign of recovery yet.

• Industrial production saw -1.5% MoM, worse than market expectation of -0.3%. European Central Bank President Mario Draghi said again that the euro zone’s economy remained “fragile” with unemployment still high and “the recovery is only in its infancy”.

Conclusion:

• The surprising exit of Laurence Summers from the running for next chairman of Federal Reserve gave risk-on trades such as stocks and emerging markets currencies a boost globally and put downward pressure to the USD and treasury yields.

• Investors’ sentiment towards the Euro zone region has glided from optimism towards slight negative zone amid recent economic data that disappointed the markets.

• Mario Draghi reiterated that the rate would be kept low at current or lower level.



ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

市場レポート 2013年9月9日 - 2013.09.13 Fri

市場レポート 2013年9月9日

• 中国当局が2011年に行った全国規模の会計監査では、2010年末時点の債務総額は10兆7,000億元だった。中国審計署は今年3月に、2012年末時点の債務総額が15兆-18兆元に達したとの推計を発表している。この金額は一見すると巨大だが、中国の銀行システムが有する総資産は144兆2,500億元と非常に強大である上、2013年6月末現在の不良債権比率は0.96%に抑えられている。
2013090901.png


• 日本の経済政策立案に関わる有識者の殆どは、日本政府が抱える膨大な債務(2013年の対GDP比率で245%に達すると見込まれる)を軽減させる方法として、消費税引き上げ案を支持している。

• ユーロ圏では、8月の製造業景気指数改定値が51.4へ上方修正され、市場予想の51.3を上回った。しかし、7月の小売売上高は前月比で0.1%上昇と、0.2%上昇が見込まれていた市場予想を下回った。
2013090902.png


結論:

• 仮に2016年までに返済期限を迎える中国地方政府の公的債務(銀行業監督管理委員会の予測で3兆4,900億人民元とされる)が全てデフォルトとなり不良債権化したとしても、総資産に対する不良債権比率は7.2%でしかなく、2006年の水準よりも低い。

• 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は、「景気回復について私は極度に慎重な見方をしている。熱狂する気にはなれない。回復は始まったばかりでその芽はあまりにも青い」と述べている。ドラギ総裁の悲観的な発言は、欧州の政策金利が長期にわたって低水準に据え置かれる可能性を暗示している。


Market update on 09 Sep 2013

• According to the 2011 national local debt audit, the total amount of local debt at the end of 2010 was 10.7trllion RMB, and according to a report from Deputy Auditor-General in March this year, the total amount reached 15-18 trillion RMB by 2012. Despite the seemingly huge amount, the asset base of China banking system is still very strong, with 144.25 trillion total asset and total non-performing-loan ratio as of June 2013 standing at 0.96%.

• Most economic policy makers in Japan are in favor of the plan as a way to reduce its huge government borrowing (expected to reach 245% of GDP this year).

• Euro zone manufacturing PMI Index for August came better than expected at 51.4 against expectation of 51.3, while on the other hand retail sales growth slightly disappointed the market with MoM growth of 0.1% against market expectation of 0.2% MoM.

Conclusion

• The total amount of China local government debt due in the next three years which is 3.49trillion RMB, as estimated by the president of China Banking Regulatory Committee, the hypothetic non-performing loan ratio would then be 7.2%, still below the level seen in 2006.

• Mario Draghi, the president of ECB, says that he is “very, very cautious” about the prospects for growth, and that he cannot share the enthusiasm about the budding growth in the region. His comment came unexpectedly pessimistic, suggesting that the rate will be kept low for the foreseeable future.




ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

市場レポート 2013年9月2日 - 2013.09.06 Fri

市場レポート 2013年9月2日

• 8月の米消費者信頼感指数は81.5 と、前月の81から上昇し、エコノミスト予想の中央値79を上回った。
2013090201.png

• 4-6月(第2四半期)の米実質国内総生産(GDP、季節調整済み、年率)改定値は前期比2.5%増に上方修正された。速報値は1.7%増で、エコノミスト予想の中央値は2.2%増だった。8月第三週目の新規失業保険申請件数も前週の33万7,000件から33万1,000件に大幅減少し、労働市場の回復ペースに加速が示された。エコノミスト予想の中央値は33万2,000件だった。
2013090202.png

• インドの主な経済指標(GDP成長率、外貨準備高など)は1997年の頃に比べて大きく改善している。外貨準備は減少しているが、カバー率(=外貨準備高/経常赤字+短期債務)は依然1.1倍の健全な水準にあり、インド政府に十分な返済能力があることを示している。
2013090203.png


結論:

• 米消費者信頼感指数(CPI)の伸びは、国民が米国経済の見通しに楽観的であることを示唆している。

• 市場関連者は米連邦準備制度理事会(FRB)が8月の失業率を鑑みて債券購入ペースの縮小を決定すると見ており、9月に緩和縮小が開始される可能性は一段と高まっている。

• 中国7月の工業セクター企業の純利益は前年同期比12%増と、6月の同6.3%増を大幅に上回り、中国経済の安定化を示す材料が増えている。


Market update on 02 Sep 2013

• Consumer confidence index surprised the market on the upside with August data advanced to 81 from a revised 81.5 in prior month, and higher than previous expectation of 79.

• The Q2 economic growth data came above expectation with GDP growing at 2.5% QoQ, as compared to 1.7% QoQ in prior period and an expectation of 2.2% QoQ. The number of initial jobless claims for unemployment benefit for the week ended 24 August is also stronger than expected, falling by 6000 to 331,000, lower than a consensus of 332,000, bolstering expectations of acceleration in the pace of employment recovery.

• A series of indicators (e.g. GDP growth, foreign reserve) nowadays are in much better position than back in 1997. Despite declining, India’s reserve coverage (ratio of foreign reserve over current account deficit plus short-term debt) still stood at 1.1 times, meaning that it still has the capacity to fulfill its financial obligations.

Conclusion

• The CPI of US indicating that Americans have grew optimistic about their country’s economy outlook.

• The possibility of a September taper from the Fed is further adds as the market generally view the August unemployment report as the key for Fed’s decision.

• China’s industrial profit growth rose to 12% YoY in July, much higher than 6.3% YoY a month earlier, adding to signs that the country’s economy is stabilizing.




ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

市場レポート 2013年8月19日 - 2013.08.23 Fri

市場レポート 2013年8月19日

• 好調となった7月の米株式市場だが、住宅建設株価指数やリートETFなど、不動産関連銘柄は下げている。
2013081901.png

• 米国の経済指標では、7月の小売売上高が0.2%増(エコノミスト予想の中央値は前月比0.3%増)、前月は0.6%増に上方修正された。国内総生産(GDP)の算出に使用される自動車、ガソリン、建築資材を除くコア売上高は0.5%増(エコノミスト予想の中央値は0.4%増)と、予想を上回った。新規失業保険申請件数は4週間平均値が2007年11月以来の水準に下げた。
2013081902.png


• 日本の第2四半期(4-6月)国内総生産(GDP)速報値は、前期比年率2.6%増と、エコノミスト予想の3.6%増を下回った。第1四半期(1-3月)のGDP伸び率は年率換算3.8%増で、これに比べるとやや減速したが、日本はこれで3四半期連続のプラス成長を記録している。
2013081903.png

結論:

• 米10年国債の利回りは2.5~3%のレンジで推移すると予想する。今後数ヶ月で雇用情勢に一段の改善が見られれば、金利上昇リスクが高まるだろう。

• 米国では引き続き雇用統計の改善が期待される。米連邦準備制度理事会(FRB)の経済予測では、米国のGDP成長率は年末までに2.3~2.6%に加速すると見込んでいる。従って、債券購入の縮小開始に向けた市場のバイアスは強まり、FRBは9月に緩和縮小に着手すると予想する。

• 日本の生鮮食品を除く消費者物価(コアCPI)は6月に0.4%上昇し、前年比で横ばいとなった5月から拡大した。円安に伴うエネルギー価格などの上昇を背景に、コアCPIはここ5年で最も速い上昇ペースに拡大している。デフレ脱却と呼ぶには時期尚早だが、日本銀行による量的・質的金融緩和の効果が表れている。


Market update on 19 Aug 2013

• At the beginning of July, equity markets have performed well with the exception of U.S. real estate, which suffered from a drop in the U.S. homebuilding index and the REITs markets.

• Headline retail sales rose 0.2% MoM in July (vs. 0.3% MoM expected), following a gain of 0.6% MoM in June. Importantly, core retail sales (excluding volatile components such as autos, building materials and gas) rose more than expected (0.5% MoM versus 0.4% MoM expected). Initial jobless claims overall trend is still declining, with the 4-week-average reaching a new post-crisis low, the least since November 2007.

• Japan’s second quarter GDP growth turned out to be weaker than expected at just +2.6% YoY, compared with market expectations of 3.6%, against first quarter’s +3.8% YoY rate. Despite the moderation in second quarter, this marks the third consecutive quarter of economic expansion in Japan.

Conclusion

• We expect 10 Years U.S. Treasuries to trade between 2.5% and 3% over the coming quarters. Persistent strength in U.S. employment growth over the coming months would leave some upside risks for interest rate expectations and yields.

• On the back of an improvement in business indicators we expect a continued improvement of employment data. Based on the current data, the U.S. Fed’s GDP forecast of 2.3-2.6% YoY in fourth quarter requires a substantial growth pickup in the second half. This strengthens the market bias that the Fed will soon begin to scale back asset purchases. Our expectation for this remains September.

• Japan’s core CPI which excludes volatile food prices rose 0.4% YoY in June, up from a flat reading in May. This marks the fastest pace of increase in nearly five years, as yen depreciation and higher energy costs pushes up goods prices. This is a positive sign suggesting that monetary easing by the BoJ may be working, although it remains too early to call an end to deflation.




ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

市場レポート 2013年8月7日 - 2013.08.09 Fri

市場レポート 2013年8月7日

• 財政赤字の縮小、消費者信頼感指数の高水準維持、企業設備投資の拡大など、2013年下半期の米経済は強い成長が期待される。7月に最高値を更新した米株式市場は一時的な調整局面に入る可能性があり、利益確定売りが押す場面もあるだろうが、機関投資家の多くは依然として米株式市場の中長期的な見通しを「オーバーウェイト」に据え置いている。
2013080501.png

• 全米20都市を対象とした5月の米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)/ケース・シラー住宅価格指数は前年同期比で12.2%上昇し、住宅市場の好調が示された。6月の米耐久財受注は前月比で4.2%増となり、市場予測の1.2%を大幅に上回り、前四半期比では6.5%増と、ここ3年で最も高い伸びとなった。


• ユーロ圏では製造業とサービス業の購買担当者景気指数(PMI)が予想を上回る伸びとなり、市場の信用力回復に寄与している。一時は崩壊が危ぶまれたユーロだが、少なくとも現状において投資家たちは、域内経済が過去最長のリセッション(景気減退)から脱却する兆候だと認識している。
2013080502.png

結論:

• 米国では予算削減案と債務上限引き上げ問題の期限が迫り、8月から9月にかけて政治論争の激化が見込まれる。同時に米連邦準備制度理事会(FRB)による量的緩和の縮小開始も予想され、これら全てが投資市場に影響を及ぼす要因となるだろう。

• 国際通貨基金(IMF)は、来年も経済の停滞が予測されるユーロ圏経済の成長を下支えるために、欧州中央銀行(ECB)は利下げや新たな非標準的措置を講じる必要があるとの見解を示している。

2013080504.png


Market update on 07 Aug 2013

• There will be stronger growth in the U.S. in second half 2013 as fiscal drag recedes, consumer confidence remains high and business capital spending gradually rises. Following the rapid rise in stock markets in July, there is a risk of volatility and setbacks in the near term, strategic overweight view on equities remains unchanged.

• The Case-Shiller index for house prices in 20 large metropolitan areas increased by 1.05% MoM and 12.2% YoY in May, recording positive house price performance. Durable goods orders increased by 4.2% MoM in June, more than expected 1.2%, an increase of 6.5% QoQ, the strongest quarterly gain in three years.

• Stronger-than-expected Purchasing Manager Index numbers are likely to contribute to another shift in the way global investors perceive the Eurozone. After fearing that the euro itself could soon cease to exist, at least in its current form, investors’ perception seemed to be that Europe would at least remain trapped in endless recession.


Conclusion


• Capital markets could encounter more of such noise from the U.S. political scene in August and in September. Multiple budget deadlines loom, e.g. raising the debt ceiling and new plans to fund the U.S. government by the end of the fiscal year in September, when the Fed is expected to announce its tapering. All these will be market-moving events.

• IMF has urged the ECB to cut interest rates to boost growth or see the Eurozone suffer another year of recession.







ホルボーン・ファイナンシャルグループ公式サイト
◆各種お問い合わせはこちらからどうぞ。


ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ 中国関連ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カテゴリー

お知らせ (75)
マーケット情報 (85)
香港事情 (15)
銀行関連情報 (2)
定期ご連絡 (2)
よくあるご質問 (14)
ホルボーンについて (5)
IFAとライセンスについて (3)
各種料金について (1)
銀行口座について (1)
提携会社・グループ会社について (2)
ニュースその他 (9)
政治・経済 (6)
不動産投資情報 (2)
不動産活用術 (3)
マネーハック (4)
退職金 (1)
人民元 (1)

カレンダー

<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

中国関連ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

あわせて読みたい

QRコード

QR

RSSリンクの表示